女性が転職するタイミング

あなたはどんな仕事を、どのくらい続けたいと思っていますか。

仕事に求めるものは、賃金ややりがいなど人によって様々でしょう。
しかし女性がひとつの仕事を定年まで続けていくというのは、男性より難しいといわれています。

女性には結婚をはじめ妊娠・出産といった特有のイベントがあり、そのイベントを機に仕事を辞める・転職するといった人が多くいるからです。
妊娠・出産は、精神面・身体面に大きな変化をもたらします。
また子を授かり家庭を持った場合、家庭の中心を男性が担うことは多くありません。
その中で仕事を続けることを選択した場合、転職という選択肢がでてくるのではないでしょうか。

子育てや家庭を中心にするのであれば、多少報酬賃金が少なくても拘束時間が短い仕事を選択することが多いでしょう。
また時間の融通が利く、子どもの病気など予期せぬ事態にも休みやすいなど、接遇面も重要になってきます。
子どもはどんどん成長し、それに比例してかける時間も少なくなってきます。
子どもの成長にともない、家族の在り方も変化していきます。
子どもが手を離れていくと、自分や仕事にかけるウエイトを大きくすることができるのではないでしょうか。

つまり女性の転職は、ライフスタイルの変化に大きく影響を受けているのです。
なにを重要視しながら仕事をするのか、賃金や時間など働くことによる対価は相応か、といったことを見極めながら柔軟に仕事を選択していくことが必要になってくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です